• 本

風の大地 20

アメリカへ

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 1999年2月
ISBNコード 978-4-09-183690-8
4-09-183690-9
税込価格 535円
頁数・縦 199P 18cm
シリーズ名 風の大地

出版社・メーカーコメント

▼第1話/アメリカへ▼第2話/サックスの流れる街▼第3話/大会二日前▼第4話/屋上の朝▼第5話/ドラム▼第6話/スティックとクラブ▼第7話/棒の心「▼第8話/縦への賭け▼第9話/ジャジャ馬のクラブ●登場人物/沖田圭介(鹿沼カントリークラブが生んだ、クラブ初のプロゴルファー)、シルバー・スコット・ウォーレン(天才ゴルファー。プロ歴7戦全勝。大財閥の御曹司)、グレゴリー・オースティン(下町のジャズハウスに出演中のサックス奏者)、リリィ・マクガン(全英オープンでの沖田のキャディ。キャディの家系に育つ)●あらすじ/全英オープン準優勝の直後、キャディを務めたリリィを突然の死で失った沖田。その悲しみを乗り越え、全米プロ選手権出場のため、アメリカに向かった。しかし、いくら練習してもスイングはバラバラ。傷心の沖田は、毎晩一人で下町のジャズハウスに向かい、沖田は酒を飲むわけでもなく、ひたすらサックスの演奏を聴くだけであった(第1話)。▼沖田はランニング中、ある建物の屋上で、誰かがサックスの演奏をしていることに気付く。サックスの音色に聞き入っている沖田に、一人の少年が声をかけてきた。その少年の勧めで屋上に行ってみると、そこには毎晩通うジャズハウスのサックス奏者がいた(第2話)。 ●本巻の特徴/スランプを乗り越えるため沖田は、全米プロ選手権が行なわれるコングレッショナルカントリークラブ内のショップに置かれていたクラブを使おうとする。それは、以前コングレッショナルカントリークラブのメンバーだったグレゴリー・オースティンが残したものであった。しかも、レディスシャフト! 使い慣れていない上、レディスシャフトであるオースティンのクラブは、沖田に復活のきっかけをもたらすのか。●その他の登場キャラクター/河内(第3〜4、6〜7話)、木曽(第4、6〜7、9話)、トム(第2〜9話)