• 本

黄昏流星群 8

七夕七年会

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 1999年6月
ISBNコード 978-4-09-184268-8
4-09-184268-2
税込価格 556円
頁数・縦 205P 18cm

出版社・メーカーコメント

▼第1話/七夕七年会1〜4▼第2話/我が星が果てるまで1〜5●登場人物/寺坂泰人(会社員。29歳の時に7年間付き合った恋人と別れ、他の女性と結婚する)、藤倉澄子(寺坂の元恋人)、設楽ナツミ(シナリオライターの卵。寺坂に興味を持つ)以上第1話▼佐竹(優良企業の社長)以上第2話●あらすじ/寺坂泰人は、貿易会社に勤務する会社員。彼は29歳の時、7年間付き合った恋人・澄子と別れる時、ある約束をした。その約束とは7年ごとの七夕の日に会って、ベッドを共にするというものだった。その約束どおり、二人は別れてから7年後、14年後の2回、会うことができたが、3回目の21年後の七夕の日に澄子は現れなかった。しかし、待ち合わせのレストランにいたナツミという若い女性と知り合って……(第1話)。▼大きくはないが優良企業の社長・佐竹は、仕事一筋で生きてきた。ある日、佐竹は人に勧められて何気なく人間ドッグを受けるが、そこで異常が見つかった。胃ガンであった。“余命は、半年からもって1年”と宣告された佐竹は、仕事をやめ、死ぬまでに会っておきたい3人を捜す旅に出かける(第2話)。