• 本

釣りバカ日誌  41

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 1996年8月
ISBNコード 978-4-09-184361-6
4-09-184361-1
税込価格 556円

出版社・メーカーコメント

ご存じ“釣りバカ”ハマちゃんとスーさんが繰り広げる珍騒動!!▼第1話/教育係は誰だ!?▼第2話/サム君ご指名!?▼第3話/噂の二人▼第4話/骨まで愛して?▼第5話/いざ、勝負!!▼第6話/縁起を担げ▼第7話/意外なハンティング▼第8話/元気でさようなら▼第9話/佐々木さん危機一髪 ●主な登場人物/浜崎伝助(釣りバカで万年ヒラのペケサラリーマン)、鈴木一之助(鈴木建設社長。伝助の影響で釣りバカに)、浜崎みち子(伝助氏には過ぎた明るく賢い奥さん)、浜崎鯉太郎(伝助、みち子の可愛いひとり息子)、佐々木和男(鈴木建設取締役兼営業本部長兼営業部第三課課長) ●あらすじ/タイから研究生が来ることになった営業三課。怪我をして釣りに行けないスーさんは、釣りに行けないようにと彼の教育係を伝助を指名するが、伝助に不安を感じる佐々木は、自分が教育係となるという。しかし…(第1話)。 ●本巻の特徴/タイから研修に来た若きエリートが、ハマちゃんたちによって日本サラリーマンの平均的な日常(?)を知る様が描かれる。 ●その他の登場人物/タイ国からの研修生・サム・アティクタイ(第1、2、3、4、5、6話) ●その他のデータ/イシダイ釣り(第3、5、6、7、8、9話)▼裏表紙の伝助釣り講座〜ニジマス