• 本

20世紀少年 本格科学冒険漫画 4

愛と平和

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2001年3月
ISBNコード 978-4-09-185534-3
4-09-185534-2
税込価格 556円
頁数・縦 206P 18cm
シリーズ名 20世紀少年

出版社・メーカーコメント

▼第1話/ゆーみん党▼第2話/逃走▼第3話/つながり▼第4話/愛と平和▼第5話/七色キッド▼第6話/光▼第7話/爆破▼第8話/秘密基地▼第9話/ロボット会議▼第10話/地下の帝王▼第11話/闇の奥 ●主な登場人物/遠藤健児(通称ケンヂ。自分が子供のころに書いた「よげんの書」通りに、謎の男“ともだち”が世界を滅ぼそうとしているのを知り、戦う決意をする)、ショーグン(バンコクの裏社会で、トラブル処理を請け負っている謎の日本人。その正体は、ケンヂの幼なじみ、オッチョだった) ●あらすじ/2000年、夏。タイはバンコクの暗黒街に生きる謎の男“ショーグン”。彼は偽造ビザでバンコクに滞在し、やっかいなトラブルの処理を請け負っている。ある日、ホテルから「日本人観光客が薬のやりすぎで死にかけている」という連絡が入った。駆けつけたショーグンに、虫の息のその男は最後の力をふりしぼって「ともだち」の名を口にする……(第1話)。 ●本巻の特徴/友民党の党首・万丈目をはじめ、不審な動きをみせる“ともだち”の組織。そして、その一味に命を狙われるショーグン。そんな彼のもとに、一本の電話がかかってきた。受話器の向こうで電話の主は、ショーグンに向かってこう言う。「オッチョか? 俺だよ。ケンヂだ」。ケンヂは「奴らは世界を滅ぼそうとしている。お前の力が必要なんだ」と、オッチョに協力を依頼するが……。 ●その他の登場人物/ともだち(巨大なカルト組織を率い「地球の滅亡」を公言する謎の男。正体はケンヂの少年時代の仲間らしい)、万丈目胤舟(まんじょうめ・いんしゅう。“ともだち”の組織の幹部でもある、友民党の党首)、カンナ(行方不明になっているケンヂの姉・キリコの娘)