• 本

医龍 3

クオリティ・オブ・ライフ

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2003年6月
ISBNコード 978-4-09-186563-2
4-09-186563-1
税込価格 556円
頁数・縦 1冊 18cm
シリーズ名 医龍

出版社・メーカーコメント

医療漫画の金字塔!救命英雄譚!!▼第16話/クオリティ・オブ・ライフ▼第17話/自殺患者▼第18話/保健証を持たざる患者▼第19話/医学生の困惑▼第20話/すり減る研修医▼第21話/定例教授会▼第22話/イメージトレーニング▼第23話/助手●主な登場人物/朝田龍太郎(かつてNGOで世界レベルの医療チームを指揮していた唯一の日本人。今は、明真大学付属病院・胸部心臓外科の無給医)、加藤晶(腐敗した日本医療を改革するため、教授のポストを狙っている。36歳の若さで、明真大学付属病院・胸部心臓外科助教授)、里原ミキ(かつて朝田と同じ大学で、オペ・チームを組んでいた看護婦)●あらすじ/新薬に賭け、末期ガンと闘う妻とそれを見守る夫。だが、朝田との話で患者である妻の真意を知った夫は、担当医の渋沢に投薬を止めてもらい、ホスピス治療を受ける決意を伝える。それを聞いた渋沢は、新薬の治験がつまづくことに耐えられず、ある行動に出るが…!?(第16話)●本巻の特徴/再びメスを執ることになった朝田は、どんな場合でも常に患者の生命が最優先という考え。だが、医者として当然であるはずのことも大学病院では覆されてしまうことが多かった。患者を選別する救命救急室に対し、朝田がとった行動は…!?●その他の登場人物/伊集院登(明真大学付属病院・胸部心臓外科の研修医)、木原毅彦(明真大学付属病院・胸部心臓外科の助手)、藤吉圭介(明真大学付属病院・循環器内科の講師)