• 本

黄昏流星群 22

星の遺産

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2005年1月
ISBNコード 978-4-09-187312-5
4-09-187312-X
税込価格 556円
頁数・縦 201P 18cm
シリーズ名 黄昏流星群

出版社・メーカーコメント

▼第1〜4話/誰の星でもありゃしない(1〜4)●主な登場人物/瀬戸いずみ(43歳独身のフリーライター。ある事件をきっかけに男性不信となってしまう)、瀬戸あや子(いずみの母。72歳の元女優。老人ホームで暮らす)、内海啓介(母親の再婚相手の息子)●あらすじ/瀬戸いずみは、結婚歴もないまま日々仕事に追われる身。そんなある日、高齢者ホームで暮らしている72歳の母親・あや子が、突然再婚すると言ってきた。その再婚相手に会ってほしいと言われ、列車で高齢者ホームに向かう途中、いずみに痴漢行為をする中高年の男が現れて…(第1話)。▼第5〜9話/星の遺産(1〜5)●主な登場人物/和雄(三男。四兄弟のうち、唯一成功とは無縁の暮らしを送る男)●あらすじ/一流会社の取締役である長男・哲郎、弁護士の次男・信次、小さなデザイン会社に勤める三男・和雄、そして外科医の四男・涼。そんな息子たちを残し、著名な小説家が死んだ。残されたのは、銀行の普通預金265万円と宛名の無い4通の遺言状。「それぞれが1通ずつ封筒を取るように」とのことだが、3通には嬉しい内容が、1通には厄介な内容が書かれているらしい(第5話)。●本巻の特徴/男性不信のフリーライターと年老いた母親。母娘に同時に訪れた恋を描いた「誰の星でもありゃしない」。父親の死後、くじびきで遺産を分割したことに端を発した四兄弟の数奇な物語「星の遺産」の二編を収録。