• 本

PLUTO 鉄腕アトム「地上最大のロボット」より 1

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 2004年11月
ISBNコード 978-4-09-187431-3
4-09-187431-2
税込価格 576円
頁数・縦 180P 18cm
シリーズ名 プルートウ

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 浦沢が描くアトム。

    手塚治虫のあの名作「鉄腕アトム」に、「20世紀少年」の浦沢直樹が挑む。両方を読み比べて分かる事ですが、浦沢は真っ向から手塚に挑んでます。まさにガチンコです。この漫画、ホンキですごいです。

    (2005年10月12日)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

文学賞情報

2005年 第9回 手塚治虫文化賞・マンガ大賞受賞

おすすめコメント

人間の痕跡がない殺人事件、残された謎のメッセージ…その先にあるものとは!? 漫画界の2大巨匠がタッグを組んだ、近未来SFサスペンス!!  ▼第1話/モンブランの巻▼第2話/ゲジヒトの巻▼第3話/ブラウ1589の巻▼第4〜6話/ノース2号の巻(前・中・後編)▼第7話/ブランドの巻●主な登場人物/ゲジヒト(ユーロポール所属の特別捜査官。人間そっくりの外見を持つロボット)●あらすじ/ある夜、スイス林野庁所属のロボット・モンブランが、山火事現場でバラバラの破片となって発見された。翌朝には、別の場所でロボット法擁護団体の幹部・ランケも遺体で見つかり、双方の現場を検証した捜査官・ゲジヒトは、二つの事件が同一犯のロボットによるものと考え、追及を開始する(第1話)。●本巻の特徴/巨匠・手塚治虫の代表作に、現代を代表するコミック作家・浦沢直樹が挑む! 『鉄腕アトム』の名作エピソード「地上最大のロボット」をモチーフにした話題作が、満を持して単行本化!!

出版社・メーカーコメント

▼第1話/モンブランの巻▼第2話/ゲジヒトの巻▼第3話/ブラウ1589の巻▼第4〜6話/ノース2号の巻(前・中・後編)▼第7話/ブランドの巻●主な登場人物/ゲジヒト(ユーロポール所属の特別捜査官。人間そっくりの外見を持つロボット)●あらすじ/ある夜、スイス林野庁所属のロボット・モンブランが、山火事現場でバラバラの破片となって発見された。翌朝には、別の場所でロボット法擁護団体の幹部・ランケも遺体で見つかり、双方の現場を検証した捜査官・ゲジヒトは、二つの事件が同一犯のロボットによるものと考え、追及を開始する(第1話)。●本巻の特徴/巨匠・手塚治虫の代表作に、現代を代表するコミック作家・浦沢直樹が挑む! 『鉄腕アトム』の名作エピソード「地上最大のロボット」をモチーフにした話題作が、満を持して単行本化!!