• 本

源氏物語 3

小学館文庫

出版社名 小学館
出版年月 1998年2月
ISBNコード 978-4-09-191213-8
4-09-191213-3
税込価格 597円
頁数・縦 269P 16cm
シリーズ名 源氏物語

出版社・メーカーコメント

源氏の愛の遍歴を描く絢爛たる王朝絵巻 北山の春。光源氏は満開の桜の下で可憐な美少女に出会った。名は若紫。後の紫の上の幼き姿である。若紫に藤壷の面影をみた光源氏は少女を理想の女性に育てることにする。翌年藤壷女御、皇子を出産。帝を欺く禁断の愛の結晶。罪の意識におののく源氏に夢占は三人の子の栄耀栄華とひとつの不吉な予言を告げた。二月、南殿左近の桜の宴。源氏は朧月夜の君に巡り会う。