• 本

Yawara! 15

小学館文庫

出版社名 小学館
出版年月 1999年3月
ISBNコード 978-4-09-192295-3
4-09-192295-3
税込価格 639円
頁数・縦 328P 16cm
シリーズ名 Yawara!

出版社・メーカーコメント

▼第1話/さやかの実力▼第2話/言わないで▼第3話/主役のいない世界選手権▼第4話/新女王誕生!!▼第5話/大変よねェ▼第6話/秘策ありぢゃ!!▼第7話/わたしがママよ!!▼第8話/関係ないじゃない▼第9話/バカこくでねェ!!▼第10話/クリスマスイブ▼第11話/最高のプレゼント▼第12話/柔、復活!!▼第13話/柔!!バルセロナへの道▼第14話/秘密トレーニング▼第15話/一回こっきりぢゃ!!▼第16話/テレシコワの憂うつ▼第17話/恐ろしい存在▼第18話/秘密特訓の成果●登場人物/猪熊柔(柔道の天才的な才能を持つ女の子。鶴亀トラベル社員)、松田耕作(柔を追い続けるエブリースポーツ紙記者。柔に想いを寄せている)、猪熊滋悟郎(柔の祖父。過去に柔道全日本選手権を5連覇した猛者)、猪熊虎滋郎(滋悟郎の息子で、柔の父。柔道の達人だが、幼い柔に投げられて以来、消息不明だった)本阿弥さやか(柔のライバル。本阿弥家の令嬢)、風祭進之介(さやかの元コーチ。柔に想いを寄せている)●あらすじ/全日本女子柔道体重別選手権、柔は遂に会場に現われず、彼女の連勝記録は止まってしまった。本阿弥さやかは、柔の出場しない大会など意味がないと、大会を棄権して風祭との結婚準備をしようとする。しかしさやかのコーチである柔の父・虎滋郎はそれを許さず、結局、本阿弥さやかが優勝する。一方、松田は柔を見つけ出すが、既に柔の不戦敗が決まった後だった。傷心の彼女に、松田は……(第1話)▼この巻の特徴/柔は柔道の大会を長期欠場し、変わってさやかが新・女王の座につく。一方、花園と結婚した富士子は元気な女の子を出産。松田や滋悟郎のすすめで、産後まもなく練習を再開する。●その他の登場人物/花園薫(高校時代の柔の同級生。富士子と結婚した)、花園富士子(旧姓伊東。花園と結婚後、一児の母に)