• 本

釣りバカ日誌 11

小学館文庫

出版社名 小学館
出版年月 2002年7月
ISBNコード 978-4-09-192631-9
4-09-192631-2
税込価格 627円
頁数・縦 312P 16cm
シリーズ名 釣りバカ日誌

出版社・メーカーコメント

▼第1話/噂のポスト佐々木さん▼第2話/梅は咲いたか課長はまだかいな▼第3話/三課の浜崎(仮)課長▼第4話/ポスト浜崎(仮)課長▼第5話/朝本課長ってどんな人!?▼第6話/新課長は花粉症!?▼第7話/釣りバカVS釣り嫌い▼第8話/ハムレット佐々木さん▼第9話/二者択一▼第10話/部長代理のテリトリー▼第11話/20年目の対決▼第12話/ボーナスは嫁に喰わすな▼第13話/お中元代わりのおすそ分け▼第14話/残暑お見舞い●主な登場人物/浜崎伝助(中堅建設会社に勤める、釣りバカで万年ヒラのペケ社員)、鈴木一之助(鈴木建設社長。通称“スーさん”)、佐々木和男(鈴木建設営業部長代理)、浜崎みち子(伝助には過ぎた明るく賢い奥さん)、浜崎鯉太郎(伝助とみち子の可愛いひとり息子) ●あらすじ/部長代理に昇進した佐々木さんは、さっそく秋山担当とともに社長室へ挨拶に行くことに。だが、そこで社長にいきなり後任の三課長を誰にするかと尋ねられ、慌てて伝助の名を挙げてしまう。特に考えがあったわけでもなく、思わず口走っただけなのだが、今さら後にも引けず……(第2話) 。●本巻の特徴/なんと、佐々木さんが部長代理に1.5階級特進! でもそうなると、三課の次の課長はいったい誰? 佐々木さんの推薦で、とりあえず“(仮)課長”になった伝助は、特に問題もなくスムーズに収まっていくかのように見えたが、なぜかスーさんが“待った”をかけてきた! はたして新課長のポストは誰の手に…?●その他の登場人物/宗優介(鈴木建設営業三課勤務。東大卒)、秋山(鈴木建設の営業担当重役)、朝本一郎(札幌支社から本社に復帰して…)、松尾(床屋に勤める青年で伝助の釣り仲間)