• 本

水木しげる妖怪百物語

出版社名 小学館
出版年月 2005年11月
ISBNコード 978-4-09-220325-9
4-09-220325-X
税込価格 1,100円
頁数・縦 182P 19cm

商品内容

要旨

終わったときにお化けがでるという、江戸時代の怪談会「百物語」が本になった!古来より日本全国に伝わる妖怪話から、「手洗い鬼」「鍛冶がばば」「えんらえんら」など100話をセレクト。

目次

猿神
河童
手洗い鬼
九尾の狐
電気妖怪
羅生門の鬼
からす天狗
孤狸の闘い
かくれ里
川うそ〔ほか〕

出版社
商品紹介

水木しげる氏の入門百科の「妖怪100物語」の復刊。江戸時代から語り継がれた「河童」や「九尾の狐」「からす天狗」など日本の妖怪100の物語。

出版社・メーカーコメント

水木しげる氏の入門百科の「妖怪100物語」の復刊です。江戸時代から語り継がれた「河童」や「九尾の狐」「からす天狗」など日本の妖怪100の物語です。絵もすべて水木氏が書き下ろした、妖怪本の「古典」です。

著者紹介

水木 しげる (ミズキ シゲル)  
1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征し、爆撃を受け左腕を失う。復員後紙芝居画家となり、その後、貸本漫画家に転向。1965年、「別冊少年マガジン」に発表した『テレビくん』で第6回講談社児童まんが賞を受賞。代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などがある。1991年紫綬褒章、96年日本漫画家協会文部大臣賞、2003年旭日小綬章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)