• 本

少年少女日本の歴史 14

増補版

幕府の改革 江戸時代中期

小学館版学習まんが

出版社名 小学館
出版年月 1998年2月
ISBNコード 978-4-09-298114-0
4-09-298114-7
税込価格 913円
頁数・縦 157P 23cm
シリーズ名 少年少女日本の歴史

商品内容

目次

第1章 名将軍吉宗(吉宗、八代将軍となる
大画面・町火消の活やく ほか)
第2章 田沼時代(側用人田沼意次
田沼意次の政治 ほか)
第3章 一揆とききん(浅間山の大噴火
ききんと打ちこわし ほか)
第4章 蘭学と国学(平賀源内の薬品会
本居宣長と賀茂真淵 ほか)

出版社・メーカーコメント

「日本の歴史」学習まんがの決定版!第14巻幕府の改革(江戸時代中期)この巻では、八代将軍吉宗、田沼意次、松平定信による改革を中心に、ゆれ動く幕府の実像にせまります。火事の多かった江戸の町に町火消しを置き、庶民の意見を聞くために目安箱を設置した八代将軍、徳川吉宗。将軍の側用人として力を持ち、印旛沼の干拓などの事業に着手した田沼意次。天明の大飢饉のあとを受け、財政の立て直しを図った老中・松平定信。等々、現代の政治とも相通ずるさまざまな改革を描きます。また、外国の学問「蘭学」と日本古来の学問「国学」など、この時代に成熟した学問の世界もしっかりととらえます。