• 本

逆説の日本史 3

古代言霊編 平安建都と万葉集の謎

出版社名 小学館
出版年月 1995年6月
ISBNコード 978-4-09-379414-5
4-09-379414-6
税込価格 1,705円
頁数・縦 361P 20cm
シリーズ名 逆説の日本史

商品内容

目次

第1章 道鏡と称徳女帝編―愛人騒動をデッチ上げた「藤原史観」
第2章 桓武天皇と平安京編―遷都を決意させた真相と風水説
第3章 『万葉集』と言霊編―誰が何の目的で編纂したのか

出版社・メーカーコメント

目次第一章/道鏡と称徳女帝編−愛人騒動をデッチ上げた「藤原史観」称徳女帝に生涯独身を強制した?時代の掟?/「乱倫の女帝」の?愛人関係?を検証/藤原仲麻呂と大炊王は「奇貨おくべし」を再現しようとした!?/対朝鮮半島の外交政策が原因だった称徳女帯のクーデター/「道鏡巨根説」「道鏡愛人説」を生んだ歴史家の?錯覚?/?愛人関係?を否定した称徳女帝の詔勅/「皇帝」になろうとした藤原仲麻呂の?野望?/「道鏡皇帝」を決断した称徳女帝の?ある事情?/ユートピアを実現しようとする「外来思想修正の法則」/皇帝史観と表裏一体の「藤原史観」ほか第二章/桓武天皇と平安京編−遷都を決意させた真相と風水説遷都反対派を一掃した「藤原種継暗殺事件」/「平城京〜長岡京〜平安京」遷都は怨霊対策/平城京と奈良の大仏を捨てた天皇家の?贅沢?/「エリコ返還」と「平安遷都」に共通する宗教の力/風水説により設計された平安京と江戸/「迷信」ではなく「科学」としての陰陽道/長岡京の「鬼門」に位置する平安京ほか第三章/『万葉集』と言霊(コトダマ)編−誰が何の目的で編纂したのか恋人の名を口にできない古代人の?タブー感覚?/言論の自由を封殺し続ける「コトダマ信仰」の世界/戦後平和は「平和憲法」によって守られたのか/「祝詞」化している?外国製?日本国憲法/コトダマが支配する「憲法第九条問題」と「言葉狩り」/本名と通称を使い分けさせた?名前のタブー?/「原万葉集」に?犯罪者?の歌が掲載された謎/「正史」に記載されなかった『万集』の成立事情ほか