• 本

反米という作法

出版社名 小学館
出版年月 2002年9月
ISBNコード 978-4-09-389053-3
4-09-389053-6
税込価格 1,870円
頁数・縦 312P 21cm

商品内容

要旨

「クソリアリズム」より理想を語れ!「新・ゴーマニズム宣言」小林よしのりと思想の人・西部邁が紡ぐ言葉の可能性。

目次

第1章 戦争とテロル(「戦争のテロル化」と「テロルの戦争化」
現代のヒトラーが現れた! ほか)
第2章 マナーとしての反米(戦争までもがアメリカの独占物になった閉塞感
「ならぬことはならぬものです」 ほか)
第3章 「自由・平等・民主主義」徹底批判(米ソは近代主義から派生した双子の左翼国家
グローバリズムを加速させた「自由・平等・博愛」 ほか)
第4章 「新しい歴史教科書をつくる会」の内幕(西尾氏の批判の論理
コンプレックスが生んだ怨念 ほか)
第5章 学問のすゝめ(売春婦は肉体をさらし、知識人は精神をさらす
「表現の自由」は無制限か? ほか)
終章 日本人の過去・現在・未来(「日本的なるもの」の原理はどこにあるか?
ペリリュー島とひめゆりの塔 ほか)

おすすめコメント

日米同盟、テロ戦争、宗教、革命、自由と平等、民主主義、有事法制、メディア規制法、W杯サッカー、生死、人生・・・絶望の淵にある希望のしぶとさに賭けて、語ることの可能性に挑んだゴーマニストと思想家の画期的対談。

出版社・メーカーコメント

「新・ゴーマニズム宣言」小林よしのりと評論家・西部邁が、テロと戦争、アメリカと日本、歴史とナショナリズムから親子・夫婦・友人関係まで語ることの可能性を探った、激しくも優しい対話。テロ事件以降の世界を鳥瞰し、日本のとるべき態度の根本に「マナーとしての反米」がある、とはどういうことなのか?時には、歳の離れた友人の語らいとして、時には重厚な思想的対談として、「希望のしぶとさ」を探る人生論。混迷の現代をいかに生きるべきなのか?日本の将来になにを遺すべきか?我々はもう一度、信頼を快復するために友、家族そして隣人たちと「理想」を語り始めなければならない。写真家・鈴木理策による対談フォトストーリーがさらに読者を深い思索へと誘う。

著者紹介

西部 邁 (ニシベ ススム)  
1939年北海道で浄土真宗の家系に生まれる。東京大学在学中に東大自治委員長、全学連の中央執行委員として60年安保闘争で指導的役割を果たす。横浜国立大学助教授などを経て東京大学教授に就くが、人事を巡って88年に辞任。著書に『経済倫理学序説』(吉野作造賞、中央公論社)、『気まじめな戯れ』(サントリー学芸賞、筑摩書房)など多数。94年より『発言者』(秀明出版会)を発刊し主幹を務める
小林 よしのり (コバヤシ ヨシノリ)  
1953年福岡県の真言密教の寺で生まれる。大学四年の時に『東大一直線』でデビュー。『おぼっちゃまくん』などギャグ漫画に新風を巻き起こし、89年、小学館漫画賞受賞。92年、『ゴーマニズム宣言』を『週刊SPA!』(扶桑社)で連載開始。95年からは『SAPIO』(小学館)に舞台を移し『新・ゴーマニズム宣言』として現在も大反響連載中(単行本一〜十一巻刊行中)。『わしズム』(幻冬舎)責任編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)