• 本

50代からの「稼ぐ力」 会社にも年金にも頼らず生きる方法

出版社名 小学館
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-09-389781-5
4-09-389781-6
税込価格 1,512円
頁数・縦 204P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「発想力」「創造力」は見えない貯金である!これさえ身につければ定年後の人生も怖くない。

目次

第1章 近未来―2040年に「老後」は存在しない
第2章 思考改革―人生を「国任せ」にするな
第3章 実践編1―会社を実験台にして「稼ぐ力」を身につける
第4章 実践編2―お金を生む発想力を磨く
第5章 実践編3―稼げるビジネスはこれだ
第6章 終活編―稼いだお金は死ぬまでに使い果たそう

おすすめコメント

老後の生活に不安を感じている人々に向け、50代からでも間に合うお金の稼ぎ方を解説

出版社・メーカーコメント

「稼ぐ力」は見えない貯金である!定年退職後の人生を豊かで充実したものにするためには、何が必要か。大前研一氏はこういう<「稼ぐ力」さえあれば、自分の好きな人生を生きることができる><逆に言えば、「稼ぐ力」がないと、会社依存の人生、他人依存の人生、政府にいいように左右されてしまう人生になってしまう。だが、自分の人生は自分自身で操縦桿を握ってコントロールすべきである>本書では、自ら人生を切り開くために、「稼ぐ力」を身につける方法を具体的、かつ実践的に解説していく。50代になってからでも決して遅くはない!会社を実験台にして「稼ぐ力」を学べる!出世競争で負けても、人生で勝つ方法はある!まずは給料以外に月15万円稼ぐことが目標。これは、必ず実現できる!「稼ぐ力」を身につければ、会社や年金に頼らず、自由で輝かしい人生をおくることができる。

著者紹介

大前 研一 (オオマエ ケンイチ)  
1943年福岡県生まれ。72年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。本社ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任し、94年退社。以後、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして幅広く活躍。現在、ビジネス・ブレークスルー(BBT)代表取締役会長、BBT大学学長などを務め、日本の将来を担う人材の育成に力を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)