• 本

逆説の日本史 5

中世動乱編

小学館文庫

出版社名 小学館
出版年月 2000年1月
ISBNコード 978-4-09-402005-2
4-09-402005-5
税込価格 660円
頁数・縦 394P 16cm
シリーズ名 逆説の日本史

商品内容

要旨

源氏はいかにして平家を打倒し、武士政権を樹立していったのか。その解明の鍵は“源源合戦”にあった。また、義経は「戦術」の天才でありながらも頼朝の「戦略」を理解することができなかった。日本人が八百年にわたって錯覚してきた『平家物語』、そして「義経伝説」の虚妄を抉る。

目次

鎌倉幕府の誕生(源頼朝と北条一族編―「源源合戦」「幕府成立」を予見した北条時政の謀略
源義経と奥州藤原氏編―“戦術の天才”義経が陥った「落とし穴」
執権北条一族の陰謀編―鎌倉「幕府」を教える歴史教科書の陥穽)
武家政治の確立(悲劇の将軍たち編―「言霊将軍」実朝を暗殺した黒幕
北条泰時と御成敗式目編―「法の正義」に優先する「道理」精神)

出版社・メーカーコメント

"待望の第5弾。鎌倉幕府樹立への道程は『源源合戦だった』源氏はいかにして平家を打倒し、武士政権を樹立していったのか。その解明の鍵は、""源源合戦""にあった。また、義経は「戦術」の天才でありながらも頼朝の「戦略」を理解することができなかった。 日本人が八百年にわたって錯覚してきた『平家物語』、そして「義経伝説」の虚妄を抉る。第一章/源頼朝と北条一族編──「源源合戦」「幕府成立」を予見した北条時政の謀略第二章/源義経と奥州藤原氏編──""戦術の天才""義経が陥った「落とし穴」第三章/執権北条一族の陰謀編──鎌倉「幕府」を教える歴史教科書の陥穽、ほか全五章。"