• 本

おじいちゃん戦争のことを教えて 孫娘からの質問状

小学館文庫

出版社名 小学館
出版年月 2002年9月
ISBNコード 978-4-09-403006-8
4-09-403006-9
税込価格 628円
頁数・縦 289P 16cm

商品内容

要旨

ニューヨークの高校に通う孫娘から分厚い手紙が届いた。歴史のクラスで太平洋戦争を勉強することになったという。手紙は、「戦争の見方、体験は国によっても違いがあるはず」との歴史教師の考えを受け、戦争を体験した祖父への孫娘からの質問状だった。かつて軍人を志した祖父は自らの人生を振り返り、孫娘の問いに真摯に応えていく。「なぜ軍人の学校に進んだの?」「アメリカとの戦争は正しかったと思う?」…昭和をひたむきに生きた日本人の誇りと、手紙を通じて心がつながる祖父と孫の感動を描いたベストセラーを文庫化。

目次

1 生い立ちと陸軍士官学校(おじいちゃんの生まれたころの日本は?
おじいちゃんが受けた義務教育は? ほか)
2 終戦、そしてルネッサンス(陸軍士官学校の教育はどんなだったの?
おじいちゃんは戦場に行ったの? ほか)
3 戦争の本質について(アメリカとの戦争は正しかったと思う?
終戦直後の日本の様子を教えて)
4 失われしもの(極東軍事裁判について、どう思う?
戦後の新体制に感じたことは? ほか)
5 日本人の心(天皇について、おじいちゃんの考えは?
日本のこれから、そしてアメリカとの関係は?)

おすすめコメント

孫娘に戦争の真実を真摯に語る感動のベストセラーを文庫化!手紙を通してつながる祖父と孫娘。昭和の時代を生き抜いた人々の真摯な姿を伝える、感動のベストセラーを文庫化。

出版社・メーカーコメント

孫娘に戦争の真実を真摯に語る感動のベストセラーを文庫化! ニューヨークの高校に通う孫娘から分厚い手紙が届いた。歴史の授業で太平洋戦争を勉強することになったという。手紙は戦争を体験した祖父への質問状だった。「なぜ軍人の学校に進んだの?」「アメリカとの戦争は正しかったと思う?」……かつて軍人を志した祖父は自らの人生を振り返り、孫娘の問いに真摯に答えていく。昭和をひたむきに生きた日本人の誇りと、手紙を通して心がつながる祖父と孫の感動を描く、話題のベストセラーを遂に文庫化!解説・渡部昇一

著者紹介

中条 高徳 (ナカジョウ タカノリ)  
昭和2年長野県生まれ。陸軍士官学校、旧制松本高等学校を経て、27年学習院大学卒業。同年アサヒビール入社。50年取締役。常務、専務を経て63年副社長に就任。平成2年アサヒビール飲料会長。8年にアサヒビール特別顧問。10年より同名誉顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)