• 本

古寺を訪ねて 奈良西ノ京から室生へ

小学館文庫

出版社名 小学館
出版年月 2001年10月
ISBNコード 978-4-09-411422-5
4-09-411422-X
税込価格 922円
頁数・縦 205P 16cm

商品内容

要旨

昭和14年、はじめて室生寺を訪ねて以来40年近い歳月を古寺巡礼に費やした土門拳。車椅子になっても撮影を続けた彼のライフワークより、クローズアップ写真を中心に選り抜き、写真家としての目が光る名エッセイとともに大和の古寺をガイドする。ポケットサイズながら迫力に満ちたビジュアルシリーズ第2弾。天平文化の精華・薬師寺と唐招提寺、仏教伝来の地・飛鳥の里、土門拳が愛してやまなかった室生寺をはじめ、奈良の寺々をめぐったカラー・モノクロ写真100点を収録。巻末に土門たみ夫人の語り下ろし回想記を掲載。

目次

薬師寺
唐招提寺
飛鳥の里と南大和の寺
室生寺と室生の里
土門の思い出(土門たみ)

著者紹介

土門 拳 (ドモン ケン)  
1909〜90年。山形県酒田市生まれ。1935年、日本工房に入社、報道写真家としてスタートする。39年、はじめて室生寺を訪れ、翌年から古寺巡礼を開始。戦前戦後を通じ寺院の建築、仏像を撮り続け、好きなものだけを対象として、クローズアップしてとらえる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)