• 本

気になる子がぐんぐん伸びる授業 LD・ADHD・アスペルガー症候群 すべての子どもの個性が光る特別支援教育 マンガで解説

LD・ADHD・アスペルガー症候群

出版社名 小学館
出版年月 2006年7月
ISBNコード 978-4-09-837372-7
4-09-837372-6
税込価格 1,430円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

「LDもADHDもアスペルガー症候群も、私は勉強したからもうだいたい知っています」。そう思われた方、ちょっと待ってください。実は、LD、ADHD、アスペルガー症候群などとひとくちに言っても、一人ひとり状態像がまったく違います。それに、大切なのは、障害名を知ることではなく、その子の特性からくる問題と今苦手なことを理解し、支援・指導することなのです。気になる子をさりげなくサポートしている先生は、以前から全国に確かに存在したのです。その技を学校全体のシステムとして広げること、これこそが特別支援教育ではないでしょうか。教室でよく起こる57事例に添って解説。

目次

第1章 子ども編(まったくできないわけではないけれど、読み書きが苦手な子には?
読み書きだけでなく、聴くことが苦手な子には?
指示通りに動けない子には? ほか)
第2章 教師編(専科の先生と連携するには?
校内で孤立1 学校全体が特別支援教育に積極的でないときには?
校内で孤立2 管理職に理解がないときには? ほか)
第3章 保護者編(子どもがADHDだと思うが、保護者にどのように伝えればいい?
「アスペルガー症候群だと思う」と話したら、保護者が強く反発
障害名を伝えるのではなく、いろいろな状態像があることを知ってもらう ほか)

出版社
商品紹介

特別な学習支援が必要なLDの子や、パニックを起こす子を、教室の他の子どもたちにも通じる方法を4コママンガなどでわかりやすく紹介。

おすすめコメント

特別な支援が必要な子を伸ばすアイディア集。特別な学習支援が必要なLDの子や、パニックを起こす子、おしゃべりを続けるといったADHDの子を、教室の他の子どもたちにも通じる方法で支援するアイディアを4コママンガも使ってわかりやすく紹介します。

出版社・メーカーコメント

特別な学習支援が必要なLDの子や、パニックを起こす子、おしゃべりを続けるといったADHDの子を、教室の他の子どもたちにも通じる方法で支援するアイディアを4コママンガも使ってわかりやすく紹介します。

著者紹介

高山 恵子 (タカヤマ ケイコ)  
昭和大学薬学部卒業。約10年間学習塾を経営。1997年トリニティー大学大学院教育学・1998年ガイダンスカウンセリング修士課程修了。保健所、サポート校などで臨床にたずさわる一方で、研修会講師をつとめる。臨床心理士。NPO法人えじそんくらぶ代表。文部科学省中央教育審議会特別支援教育専門部会専門委員、文部科学省特別支援教育に関する作業部会委員、ガイドライン策定協力者星槎大学非常勤講師、北海道大学大学院子ども発達臨床研究センター学外研究員ほか
品川 裕香 (シナガワ ユカ)  
早稲田大学法学部卒業。ノンフィクションライター・編集者。教育・医療・社会問題を異文化理解・予防的観点から取材執筆。国際ディスレクシア協会(IDA)会員、発達性ディスレクシア研究会(IDA日本支部)広報担当、日本LD学会会員、日本子ども虐待防止学会会員、北海道大学大学院子ども発達臨床研究センター学外研究員ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)