• 本

コーポレート・トランスフォーメーション 日本の会社をつくり変える

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-16-391233-2
4-16-391233-9
税込価格 1,650円
頁数・縦 389P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

『コロナショック・サバイバル』待望の続編!日本経済復興の本丸は、ここにある。「カイシャ」モデルは終焉。デジタル×中小企業×地方シフトへ。

目次

第1章 今こそ「日本的経営モデル」から完全決別せよ
第2章 両利き経営の時代における日本企業の現在地
第3章 CXビジョン―目指すべき会社のカタチ、持つべき組織能力とは
第4章 CX=「日本の会社を根こそぎ変える」を進める方法論
第5章 日本経済復興の本丸―中堅・中小企業こそ、この機にCXを進めよ
第6章 世界、国、社会、個人のトランスフォーメーションは、どこに向かうのか?

おすすめコメント

GAFAとコロナに襲われた日本企業。倒産したくなければデジタルトランスフォメーション、「脱・日本型組織改革」を本気でやれ!生き残りの唯一の方法とは?

著者紹介

冨山 和彦 (トヤマ カズヒコ)  
経営共創基盤(IGPI)代表取締役CEO。1960年生まれ。東京大学法学部卒。在学中に司法試験合格。スタンフォード大学経営学修士(MBA)。ボストンコンサルティンググループ、コーポレイトディレクション代表取締役を経て、産業再生機構COOに就任。カネボウなどを再建。解散後の2007年、IGPIを設立。数多くの企業の経営改革や成長支援に携わる。パナソニック社外取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)