• 本

トンデモ日本史の真相 史跡お宝編

文芸社文庫 は1−1

出版社名 文芸社
出版年月 2011年2月
ISBNコード 978-4-286-10302-0
4-286-10302-1
税込価格 648円
頁数・縦 223P 15cm
シリーズ名 トンデモ日本史の真相

商品内容

要旨

日本史上の奇説・珍説・異端とされる説を徹底検証!文庫化にあたり、お江をめぐる奇説を含む2項目を追加。

目次

第1章 信長・秀吉・信玄・家康に関する奇説―行け!行け!大河(織田信長はカトリックの謀略で殺された!?
豊臣秀吉は美濃墨俣に一夜城を築いた!!
武田信玄は騎馬民族の子孫として戦国最強の軍団を率いた!? ほか)
第2章 遺跡・事跡に関する奇説―縄文ダネ好きだよと言うけれど(世界最古と最大のピラミッドは日本にある!!
与那国島沖の海底に古代遺跡がある!!
古代文字を刻んだ石碑・ペトログラフが全国で発見されている? ほか)
第3章 日中交流に関する奇説―遙かな私の好きな宋・元(日本に弥生文化をもたらしたのは秦の徐福だ!?
かぐや姫は中国からやって来た!?
「倭の五王」は畿内の王ではなかった!? ほか)

著者紹介

原田 実 (ハラダ ミノル)  
1961年広島市生まれ。広島市在住。歴史研究家。と学会会員。龍谷大学卒業後、1984年から3年半、八幡書店に勤務、古史古伝・霊学書籍の広告を担当。その後、広島大学研究生、昭和薬科大学文化史・心理学研究室助手(1990〜93年)を経て、執筆活動に入る。元「市民の古代研究会」代表(2001〜2002年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)