• 本

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

出版社名 日経BP
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-296-10535-9
4-296-10535-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 253P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「2025年の崖」からの転落を防ぐ秘訣がここにある。

目次

第1部 IT業界のサグラダファミリア、ついに完成す(三十五万人月、四千億円台半ば、巨大プロジェクトはこうして始まった
さらば八〇年代、新システム「MINORI」の全貌
参加ベンダー千社、驚愕のプロジェクト管理
緊張と重圧、一年がかりのシステム移行
次の課題はデジタル変革
「進退を賭けて指揮した」みずほフィナンシャルグループ酒井辰史社長インタビュー)
第2部 震災直後、「またか」の大規模障害(検証、混迷の十日間
重なった三十の不手際
一年をかけた再発防止策)
第3部 合併直後、「まさか」の大規模障害(現場任せが諸悪の根源
無理なシステム統合計画を立案
大混乱の二〇〇二年四月)

おすすめコメント

2度の大規模システム障害を経てついに完了した、みずほ銀行の勘定系システム全面刷新プロジェクトの全貌を解き明かします。

著者紹介

山端 宏実 (ヤマバタ ヒロミ)  
日経コンピュータ/日経クロステック記者。『日経コンピュータ』『日経情報ストラテジー』、日本経済新聞社企業報道部の記者を経て、2018年4月から現職
岡部 一詩 (オカベ ヒトシ)  
日経FinTech編集長/日経クロステック記者。大手IT企業を経て日経BP入社。『日経コンピュータ』『日経FinTech』記者を経て、2019年4月から現職
中田 敦 (ナカダ アツシ)  
日経コンピュータ/日経クロステック副編集長。『日経Windowsプロ』『日経コンピュータ』などの記者やシリコンバレー支局長を経て、2019年4月から現職
大和田 尚孝 (オオワダ ナオタカ)  
日経コンピュータ編集長/日経クロステックIT編集長。SEを経て日経BP入社。『日経コンピュータ』や日本経済新聞社の記者を経て2019年4月から現職
谷島 宣之 (ヤジマ ノブユキ)  
日経BP総研上席研究員。『日経コンピュータ』『日経ウォッチャーIBM版』などの記者、編集委員を経て、2009年に日経コンピュータ編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)