• 本

改正労働基準法の基本と実務

出版社名 中央経済社
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-502-16361-6
4-502-16361-9
税込価格 3,780円
頁数・縦 349P 21cm

商品内容

要旨

平成30年6月に成立した働き方改革関連法の「長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等」に関する労働基準法、労働安全衛生法および労働時間等設定改善法の改正について、関連各省令、厚生労働省の解釈通達(高プロ制度関連を除く)等最新の情報をもとにまとめた。新しい時間外労働の上限規制(労基法36条の改正)、フレックスタイム制の改正、高度プロフェッショナル制度、年次有給休暇の使用者の時季指定義務など、全ての企業に大きな影響を及ぼす実務を、それぞれの制度の基本とともにわかりやすく解説。

目次

第1章 総論
第2章 時間外労働上限規制
第3章 中小事業主に対する月60時間超の割増率
第4章 フレックスタイム制の改正
第5章 特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)
第6章 年次有給休暇の時季指定義務
第7章 電子的手法による労働条件明示
第8章 労働安全衛生法の改正
第9章 労働時間等設定改善法の改正
巻末資料