• 本

カウントダウン

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2010年9月
ISBNコード 978-4-620-10759-2
4-620-10759-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 357P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 北海道のある市。五期目を勤める市長が少しずつ財政を悪化させ、その債務を隠し続けている。すでに市は瀕死の状態であるのに、さらに六期目も目指す市長。「このままこの市を死なせるわけにはいかない」と最年少市議と数名の仲間たちが立ち上がり、市長選へと戦いを挑む。政治に勧善懲悪はあるのか、それとも大きく歪んだうねりに飲み込まれてしまうのか?財政破綻した夕張市と比較しながら進んでいくストーリーが、作品のリアルさを引きたたせる。まさに読み応えあり!の一冊だ。

    (2010年10月8日)

商品内容

要旨

北海道夕張市に隣接する幌岡市。五期目の市長、大田原昭夫は、大手炭坑閉山後、リゾート開発に過剰投資し市財を悪化させたが、巧みな借入金処理で市の債務を隠し続けた。財政破綻が白日のもとにさらされ再建団体申請が決まっても、六選を目指す大田原。最年少市議、森下直樹とその仲間・恩師らは、打倒大田原を期し、智恵と情熱を結集して立ち上がった―。

おすすめコメント

多選市長の放漫運営のもとで財政破綻に瀕した北海道幌岡市。街を救うため市長選に挑戦する若者たちの友情を熱く描く、爽やかな長編小説。

著者紹介

佐々木 譲 (ササキ ジョウ)  
1950年、北海道夕張市生まれ。自動車メーカー勤務を経て、79年『鉄騎兵、跳んだ』でオール讀物新人賞を受賞。90年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会賞を受賞。2002年『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞。2009年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)