• 本

天皇と日本国憲法 反戦と抵抗のための文化論

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2014年3月
ISBNコード 978-4-620-32258-2
4-620-32258-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 245P 20cm

商品内容

要旨

日本国憲法は世界に誇る芸術作品である。人間を尊重し、戦争に反対する。美しい理想を胸に、いま、生まれ変わるとき。

目次

第1章 天皇と日本国憲法(天皇と日本国憲法
白洲次郎が絶賛した「第九条」 ほか)
第2章 リメンバーヒロシマ・ナガサキ―反戦・反核・脱原発のために(リメンバーヒロシマ・ナガサキ
『沖縄ノート』と「さとうきび畑」 ほか)
第3章 よそ者の流儀(陽子線治療に出会うまで
よそ者の流儀 ほか)
第4章 日本人は何処へ行くのか(日本人は何処へ行くのか
世界遺産と日本人 ほか)
第5章 芸術的抵抗への招待(追悼・中村勘三郎丈
黒澤明の予言性 ほか)

出版社
商品紹介

日本国憲法は世界的普遍性をもつ芸術作品とする著者が、天皇と憲法をめぐる戦後秘話を語り、文化の力による新たな平和主義を思索する。

著者紹介

なかにし 礼 (ナカニシ レイ)  
1938年、中国黒龍江省(旧満洲)牡丹江市生まれ。立教大学文学部仏文科卒業。在学中よりシャンソンの訳詩を手がけ、その後、作詩家として活躍、日本レコード大賞、日本作詩大賞ほか多くの音楽賞を受賞する。2000年、『長崎ぶらぶら節』で直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)