• 本

少年犯罪と子育て 元家裁調査官からの直言

出版社名 柏書房
出版年月 2001年6月
ISBNコード 978-4-7601-2087-1
4-7601-2087-4
税込価格 1,980円
頁数・縦 206P 20cm

商品内容

要旨

非行の「的を射た叱り方」とは。“家裁の人”が語る子育て論。思春期の子を持つ家庭の必携本。

目次

1章 なぜ非行少年を見離さないか
2章 少年非行の鏡に映る子育ての幻影
3章 「社会との無理心中」を図ったA少年たち
4章 被害者問題と加害少年の謝罪
5章 涙の後に生まれるもの・自助グループのちから
6章 家裁の人は誰のために働くか

出版社
商品紹介

非行少年たちを見つめ続けた元家裁調査官が、その経験に基づき親をはげまし、学校に直言するメッセージ。

著者紹介

浅川 道雄 (アサカワ ミチオ)  
1931年、東京に生まれる。学習院大学哲学科卒業。1956年から1992年まで、東京家庭裁判所少年係調査官として、戦後の少年事件を扱う。現在、自助グループ・「非行」と向き合う親たちの会世話人として、相談活動や講演活動などをおこなう。日本子どもを守る会副会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)