• 本

ナチズムのなかの20世紀

出版社名 柏書房
出版年月 2002年4月
ISBNコード 978-4-7601-2213-4
4-7601-2213-3
税込価格 3,080円
頁数・縦 329,8P 20cm

商品内容

要旨

ナチズムは前世紀が生みだした異端児か?いま「20世紀」型社会システムとナチ社会との連続/非連続性を問いかける。

目次

第1部 二〇世紀のなかのドイツ社会(二〇世紀社会の分析視角
ドイツにおける社会変動の連続面と切断面―ヴァイマル共和国からドイツ連邦共和国へ)
第2部 「われわれ」の二〇世紀(人口・家族政策の世紀―ブルクデルファー人口論の展開
ナチ時代の女性労働政策―イデオロギーと現実 ほか)
第3部 二〇世紀の「他者」(他者としての外国人労働者
定位される「ジプシー」)
第4部 二〇世紀の終焉?(ナチズムを、そして二〇世紀を記憶するということ)
結び(「ナチズムのなかの二〇世紀」―総括と展望)

著者紹介

川越 修 (カワゴエ オサム)  
同志社大学経済学部教授。研究テーマは近現代ドイツにおける都市化・人口・性をめぐる問題
矢野 久 (ヤノ ヒサシ)  
慶応義塾大学経済学部教授。研究テーマはドイツ労働史・企業史・日常史、外国人労働者の社会史、強制労働の比較史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)