• 本

大江戸暗黒街 八百八町の犯罪と刑罰

出版社名 柏書房
出版年月 2005年11月
ISBNコード 978-4-7601-2808-2
4-7601-2808-5
税込価格 2,420円
頁数・縦 222P 20cm

商品内容

要旨

大名屋敷は盗み放題?首斬り役人の憂鬱!悪事なくして江戸の平和はありえなかった…監獄史研究の第一人者が誘う江戸案内・暗黒編。牢屋敷・刑場・奉行所など、見慣れない江戸の風景が満載。

目次

江戸の交番―「辻番」「自身番」
調べ番屋の役割をする「大番屋」
江戸の庶民の防犯意識
捜査の手先「目明し」
捕物の法理と情理
地誌からみた大江戸捜査網
江戸の御仕置百態
江戸の子供仕置
江戸城大奥の絵島・生島事件
幕府の赤穂浪人対策〔ほか〕

著者紹介

重松 一義 (シゲマツ カズヨシ)  
1931年愛媛県松山市生まれ。中央大学法学部卒業。法務省矯正研修所教官、青山学院大学法学部・東洋大学法学部講師、中央学院大学法学部教授(刑事政策・日本法制史)・同附属比較文化研究所長などを歴任。定年退職後、慶應義塾大学大学院法学研究科、演習のプロジェクト科目担当講師などに招かれ出講。東京家庭裁判所調停委員、福岡県警察史編纂顧問、網走監獄保存財団顧問なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)