• 本

グローバル時代の感染症

G−SEC eyes

出版社名 慶応義塾大学出版会
出版年月 2004年6月
ISBNコード 978-4-7664-1048-8
4-7664-1048-3
税込価格 1,760円
頁数・縦 261P 19cm

商品内容

要旨

わが国でも、SARSなどが新たな感染症として警戒されているが、エイズをはじめ、世界的な規模での流行が増えてきている。また、2001年アメリカで「炭疽菌」が「バイオテロ」として恐れられたように、安価に出来上がる「武器」としての感染症に対する対策も必要な時代になってきた。本書は、法律、情報管理、医学などの視点から、国内外のさまざまな現場の問題を明らかにし、今後の課題を論じた啓蒙書である。

目次

第1章 グローバル・イッシューとしての感染症
第2章 バイオテロリズムに関する国際的枠組み
第3章 バイオテロと情報管理
第4章 日本の結核対策に学ぶ―経済発展と感染症制圧
第5章 日本の寄生虫疾患制圧の経験を世界に―橋本イニシアティブ
第6章 アジアの感染症と日本―国連機関からの視点
第7章 グローバル・イッシューへのNGO/NPOの取り組み
付録講演 国際社会とバイオテロ問題

出版社
商品紹介

「SARS」など世界的規模で流行する感染症や、「炭疽菌」に代表されるバイオテロなどを、法律、情報管理、医学などから論じる。

著者紹介

竹内 勤 (タケウチ ツトム)  
慶応義塾大学医学部教授、日本熱帯医学界理事長
中谷 比呂樹 (ナカタニ ヒロキ)  
厚生労働省大臣官房厚生科学課長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)