• 本

麻山事件 満洲の野に婦女子四百余名自決す

草思社文庫 な3−1

出版社名 草思社
出版年月 2011年12月
ISBNコード 978-4-7942-1869-8
4-7942-1869-9
税込価格 1,026円
頁数・縦 478P 16cm

商品内容

要旨

昭和20年8月12日、満洲・麻山において、日本人開拓団の一団がソ連軍の包囲攻撃を受け、婦女子四百数十名が自決する事件が起きた。介錯は四十数名の男子団員によって行われた。なぜ、男たちは自分の妻子を、また隣人をあやめるに至ったのか。絶望の淵で、自決に臨んだ妻たちと子どもたちの壮絶な最期を、引揚げ者の証言から明らかにする。そこには、戦争がもたらした凄惨な悲劇と、数多の人々の無念、そして生き残った者の絶望が今なお続いていた。初めて明らかにされた満蒙開拓団最大の悲劇の全容。渾身の傑作ノンフィクション復刊。

目次

第1部 満蒙開拓団(北海道開拓農民
加藤完治と開拓団
村創り
その前夜)
第2部 事件(麻山(まぼろしの関東軍―野砲一二六連隊の戦闘
八月九日
八月十日―哈達崗にて
八月十一日、十二日―泥濘の避難行
麻山谷
後尾集団))

著者紹介

中村 雪子 (ナカムラ ユキコ)  
1923年、北海道に生まれる。2010年没。長野県立岡谷高等女学校を卒業後、1939年満洲に渡り、1942年に結婚。1946年に満洲より引揚げる。1959年より名古屋女性史研究会に、1979年に東海近代史研究会に所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)