• 本

裏読み深読み国語辞書

草思社文庫 い2−1

出版社名 草思社
出版年月 2012年8月
ISBNコード 978-4-7942-1917-6
4-7942-1917-2
税込価格 734円
頁数・縦 287P 16cm

商品内容

要旨

温・暖などの異字同訓の使い分けは?日本語ってじつは多国籍?『広辞苑』が一世風靡した理由は?国語辞典をじっくりと読み解くと、日本語の意外な素顔が見えてくる。辞書づくりの現場を長年にわたって観察しつづけた新聞記者が明かす“国語辞典の楽しみ方”。日本語を理解すればするほど、辞書を引くのが今の何倍も楽しくなってきます。あなたは、ほんとうの日本語を知っていますか。

目次

第1章 辞書に目・鼻をつける(辞書にも表情がある
「恋」は気まぐれではない
漢字表を重んじる辞書、気にしない辞書
日本語は頭でっかちである
辞書は「著作物」ではない)
第2章 武器としての辞書(「辞書」を辞書で調べる
「平素無用」の言葉が国語辞書に載っているわけ
批判は辞書の肥やしになる
辞書を助っ人にする)
第3章 辞書も商品である(激烈な辞書の名称争奪戦
現代仮名遣いと歴史的仮名遣いのはざまで
国語辞書に欠けている二つのサービス)
第4章 常用漢字表vs国語辞書(「暖かい心」と「温かな家庭」の謎を追って
意外なところに国語辞書最大の弱点が)

著者紹介

石山 茂利夫 (イシヤマ モリオ)  
1943年生まれ。2009年没。早稲田大学政経学部卒、1967年読売新聞社入社。浦和支局を振り出しに社会部記者、日曜版編集部次長、文化部次長、新聞監査委員会委員などをへて退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)