• 本

米中知られざる「仮想通貨」戦争の内幕

出版社名 宝島社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-8002-9151-6
4-8002-9151-8
税込価格 2,052円
頁数・縦 286P 20cm

商品内容

目次

第1章 ドイツ銀行がトリガーか リスクにさらされる世界経済
第2章 突出する中国と世界の暗号資産最前線
第3章 日本の暗号通貨とサイバーセキュリティー
第4章 暗号通貨が作る「協働型コモンズ」社会
第5章 鼎談 最新暗号通貨が日本を救う
エピローグ 政治にイノベーションを導入するには?

出版社・メーカーコメント

グローバル化と逆行する自国主義の広がりと主要国の政治的不安定要因が高まる中、 世界的金融リスクは欧州、米国、中東、南米でこれまでにない規模で増大しています。 その中でも特に米中貿易戦争が基軸通貨覇権戦争の様相を見せる中、国際金融以外に 暗号資産(仮想通貨)による新たな覇権争いが起こる可能性が高まっています。 各国政府の二極化に加えグローバル展開するデジタル化を強化したプラットフォーマーが 圧倒的競争優位を獲得した状況で、課題先進国 Japan が再復活する為の解決の糸口を 「政府暗号通貨」「東京クリプト金融特区」「クリプトキャッシュ」の融合スキームで 提示しいきます。 国際経済、米中の覇権争い、暗号解読、日本の未来、仮想通貨、ブロックチェーンなど、 関係する人はもちろん、政策担当者から、学生まで必読の一冊です。

著者紹介

伊藤 秀俊 (イトウ ヒデトシ)  
Aplotech CEO(エストニア)、国際連合経済社会理事会IPCメンバー、ジュピターエグゼクティブアドバイザーなどを務める。博士(Doctor of Humanities)、経済同友会委員。スタンフォード大学院経営科学科卒。マッキンゼー&カンパニー(経営戦略)、IBM(ICP、ベンチャー投資、研究所)、(東証一部)ICT企業副社長、早稲田大学経営大学院客員教授、(ニューヨーク証券取引所)Och‐Ziff Capital Managementアドバイザー、ライブドアホールディングス社外取締役(買収後に事業再生)、海外投資銀行ファウンダー、英国のファッションブランド会長などを歴任
松田 学 (マツダ マナブ)  
松田政策研究所代表、バサルト株式会社社長、(社)ドローンシティ協会理事長などを務める。東京大学経済学部を卒業。大蔵省に入省、西ドイツのボン大学に留学、大蔵省大臣官房企画官、内閣官房内閣審議官、東京医科歯科大学教授、財務本省課長、(独)郵貯・簡保管理機構理事、預金保険機構金融再生部長などを経て、国政進出のため退官。日本維新の会から衆議院議員に当選、衆院内閣委員会理事、次世代の党政調会長代理などを歴任。その後、東京大学大学院情報学環客員教授としてサイバーセキュリティーの研究に従事。その他、ジュピタープロジェクトリーダーをはじめ様々な立場で、情報技術や暗号通貨、防災や革新素材など未来社会の基盤構築に向けた政策提言活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)