• 本

「祈れ、最後まで」「サギサワ麻雀」

出版社名 竹書房
出版年月 2004年8月
ISBNコード 978-4-8124-1748-5
4-8124-1748-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 254P 20cm

商品内容

要旨

没後に発見された中編小説「祈れ、最後まで」未発表・完全版。笑って泣ける痛快エッセイ集「サギサワ麻雀」を収録!鷺沢萠の愛した世界、最初で最後の麻雀作品集。

目次

麻雀エッセイ「サギサワ麻雀」(麻雀必勝法
ある日あるときある場所で
今、目の前にある危機
課長の苦悩
河に並んだイッキツーカン
ああ、小島武夫
気怠い真夏の土曜日に
からあげクンの似合う奴 ほか)
麻雀小説「祈れ、最後まで」

おすすめコメント

没後に発見された中編小説「祈れ、最後まで」未発表・完全版、笑って泣ける痛快エッセイ集「サギサワ麻雀」を収録!!鷺沢萌の愛した世界、最初で最後の麻雀作品集。

著者紹介

鷺沢 萠 (サギサワ メグム)  
1968年、東京生まれ。上智大学外国語学部ロシア語科除籍。’87年、18歳の時に「川べりの道」で文学界新人賞を受賞。「葉桜の日」などで芥川賞候補に、「ほんとうの夏」などで三島賞候補となり、’92年『駆ける少年』で泉鏡花賞を受賞。2004年4月11日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)