• 本

一生分の夏 いつも胸に甲子園があった。

出版社名 竹書房
出版年月 2005年7月
ISBNコード 978-4-8124-2250-2
4-8124-2250-7
税込価格 1,337円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

真夏のたった2週間で、球児の運命は変わる。鮮烈な残像を与え、聖地甲子園を去っていった、伝説の球児たち、14人の今。

目次

第1章 黄金のスコアブック―星稜対箕島延長18回激闘秘話
第2章 北を離れた道産子球児―駒大苫小牧の優勝メンバーたち
第3章 Tomorrow never knows―不惑を迎えた中京・三羽ガラス
第4章 劇画の中で生きる男―なぜ香川はドカベン足りえたのか
第5章 小さなエースとメガネの名捕手―二人だから紡げたもの
第6章 15歳、一瞬の夏―それからのバンビ坂本
第7章 刹那の決勝マウンド―優勝投手という生き方

おすすめコメント

「星稜対箕島 延長18回激戦秘話」「不惑を迎えた中京・三羽ガラス」「浪商・香川 劇画の中で生きる男」「バンビ坂本 15歳、一瞬の夏」・・・鮮烈な残像を与え、聖地甲子園を去っていった、伝説の球児たち、14人の今。真夏のたった2週間で、球児の運命は変わる―。

著者紹介

矢崎 良一 (ヤザキ リョウイチ)  
1966年山梨県出身。フリーライター
山岡 淳一郎 (ヤマオカ ジュンイチロウ)  
1959年生。ノンフィクション作家
鈴木 洋史 (スズキ ヒロシ)  
1957年東京都出身。ノンフィクションライター。『百年目の帰郷』(第5回小学館ノンフィクション大賞受賞作。小学館文庫)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)