• 本

春が来れば

竹書房文庫 Han‐Ryu ENTERTAINMENT BOOKS 62

出版社名 竹書房
出版年月 2006年3月
ISBNコード 978-4-8124-2609-8
4-8124-2609-X
税込価格 681円
頁数・縦 223P 15cm

商品内容

要旨

トランペッターのヒョヌの夢は、交響楽団に入ってトランペット奏者として名声を得ること。だが、その夢も実現しないまま、気がつけば中年の年齢になっていた。愛する人を幸せにする自信もないまま、いつの間にか不機嫌で頑なな人間になっていた。ヒョヌは恋人と別れ、現実から逃げるかのように故郷を離れて、雪深い炭坑の町に辿り着く。その町の寂れた中学校に、臨時教師として赴任し、廃部寸前の吹奏楽部の顧問を務めることになる…。『八月のクリスマス』『春の日は過ぎゆく』のスタッフが贈る人のやさしさをゆったりと描き出した感動作を小説化。

著者紹介

リュ ジャンハ (リュ ジャンハ)  
1996年に映画アカデミーを卒業、『8月のクリスマス』『春の日が過ぎゆく』で助監督を務め、『春が来れば』を初監督。自らイ・ウンギョン、ユン・ジェグン、チョン・ホドクチェらと共に脚本も手掛けた
イ ジュノ (イ ジュノ)  
建国大学国文科卒業。映画『春が来れば』を脚色し、ノベライズを手掛けた
徐 正根 (ソ ジョングン)  
1960年生まれ。山梨県立大学国際政策学部助教授。2004年、『実尾島』(角川文庫)の監修と解説を担当。2003年7月、韓国忠州MBC放送のドキュメンタリー『湖水』の取材・撮影を日本でコーディネート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)