• 本

知ってはいけない明治維新の真実

SB新書 506

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-8156-0482-0
4-8156-0482-7
税込価格 957円
頁数・縦 281P 18cm

商品内容

要旨

徳川政権末期の「徳川近代」という時代の存在は、明治新政権が政治的に江戸時代を全否定することによって抹消されてしまった。幕末・明治を揺るがした事件を年代順にたどり、勝者である官軍によって歪められた嘘を一つ一つ丁寧に検証。幕臣たちはあの時、何をしていたのか。明治近代という非日本的な時代を清算することにより、江戸以前より脈々と続く、日本の歴史の真実を解き明かす。

目次

序章 歴史の検証を阻む薩長史観
第1章 黒船来航の舞台裏(国際環境からみた黒船来航
老中阿部正弘の対応
武力行使のできないペリーの事情
堂々たる初めての日米交渉
日米修好通商条約は不平等条約か?)
第2章 勝海舟という虚像(江戸城無血開城という美談
咸臨丸は誰が操船したのか?
崩壊した勝海舟英雄譚)
第3章 戊辰戦争という奇妙な「戦争」(テロリズムからクーデターへ
勅許偽造と「王政復古大号令」の失敗
テロ組織「赤報隊」の挑発
武家の常識では測れない徳川慶喜)
第4章 明治政府の腐敗と「西南の役」(腐敗しきった長州汚職閥
「郷中」が生んだ二才頭・西郷
岩倉使節団の失態から「西南の役」へ)
終章 軍国日本を創った明治維新

出版社・メーカーコメント

徳川政権末期の「徳川近代」という時代の存在は、明治新政権が政治的に江戸時代を全否定することによって抹消されてしまった。本書は、幕末・明 治を揺るがした事件を年代順にたどり、勝者である官軍によって歪められた嘘を一つ一つ丁寧に検証していく。幕臣たちはあの時、何をしていたのか。明治近代という非日本的な時代を清算することにより、江戸以前より脈々と続く、日本の歴史の真実を解き明かす。

著者紹介

原田 伊織 (ハラダ イオリ)  
作家。京都伏見生まれ。大阪外国語大学卒。2005年私小説『夏が逝く瞬間』(河出書房新社)で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)