• 本

小長啓一の「フロンティアに挑戦」 通産省、アラビア石油、そして弁護士生活……

出版社名 財界研究所
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-87932-135-0
4-87932-135-4
税込価格 1,496円
頁数・縦 343P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

常に新しい領域を開拓していくことで国も企業も、そして個人も生き生きとしていく。このことは、いつの時代においても変わらない。小長氏の多領域での活躍を支えるものとは何だったのか―。

目次

第1章 政治家・田中角栄の「人間力」(変化の中を生き抜く
「一億総中流」の政策がなぜ、支持されたか? ほか)
第2章 『至誠天に通ず』(玉置事務次官の訓示を胸に秘めて
海外経済協力で新領域を切り拓く ほか)
第3章 政・官・財の新しい関係構築を(繊維産業の構造改善で稲葉秀三が見せた気骨
幻の『エネルギー省』設置構想に ほか)
第4章 世界の中の日本(技術革新を通産省の「一丁目一番地政策」に
イノベーションで日本の新しい国づくりを ほか)
第5章 たゆまぬ挑戦(通産省の後輩へ、『梅型人生』のすすめ
『財界の鞍馬天狗』中山素平との交流 ほか)

著者紹介

村田 博文 (ムラタ ヒロフミ)  
1947年2月宮崎県生まれ。70年早稲田大学第一文学部卒業後、産経新聞社入社。77年財界研究所入社。88年『財界』編集長、91年取締役、92年6月常務、同年9月代表取締役社長兼主幹(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)