• 本

全日本探偵道コンクール

角川文庫 ふ31−4 セーラー服と黙示録

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-04-105931-9
4-04-105931-3
税込価格 1,166円
頁数・縦 491P 15cm

商品内容

要旨

全日本探偵道コンクール―高校生探偵の日本一を決める『探偵の甲子園』である。そして今年、全国津々浦々から激しい地区予選を勝ち上がってきたチームは、因縁浅からぬ『聖アリスガワ女学校代表』と『愛知県立勁草館高校代表』であった。奇しくも女生徒3人どうしの直接対決となったこの決勝戦、両校の先鋒は誰か?先鋒戦の舞台とルールは?そのお題は?そしてもちろん―勝者は?晩夏のおんなの戦いが、始まる。

おすすめコメント

聖アリスガワ女学校VS勁草館高校。探偵道史上最強の探偵合戦が始まる! 探偵界の甲子園ともいうべき、全日本探偵道コンテストが幕を開けた。対戦するのは、古野みづき率いる「聖アリスガワ女学校」と、穴井戸栄子率いる「勁草館高校」。その恐るべきゲームのルールとは?

著者紹介

古野 まほろ (フルノ マホロ)  
東大法卒。リヨン第3大法「Droit et Politique de la S´ecurit´e」専攻修士課程修了、仏内務省から免状「Dipl^ome de Commissaire」。なお学位授与機構より学士(文学)。警察庁1種警察官として交番、警察署、警察本部、海外、警察庁等で勤務の後、警察大学校主任教授にて退官。宇山日出臣氏(故人)が最後に発掘した新人として、第35回メフィスト賞を受賞した『天帝のはしたなき果実』でデビュー。有栖川有栖・綾辻行人両氏に師事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)