• 本

アインシュタイン 頭脳で大冒険

新装版

講談社火の鳥伝記文庫 9

出版社名 講談社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-06-149922-5
4-06-149922-X
税込価格 814円
頁数・縦 187P 18cm
シリーズ名 アインシュタイン

商品内容

要旨

アルバート・アインシュタインは、1879年、ドイツに生まれたユダヤ人の科学者です。大学の助手の職につくことができなかったため、特許局ではたらきながら研究をつづけます。「時間や空間がのびちぢみする」「光が重力で曲がる」など当時の常識をくつがえす「相対性理論」を打ちたて、科学の発展に大きく貢献しました。戦争の時代に、科学をきわめ、音楽をかなで、平和をもとめたアインシュタインは、多くの人から愛されました。ところが、アインシュタインの研究がもとで、アメリカが原子爆弾の開発に成功。広島と長崎に投下されてしまうのです…。小学上級から。

目次

1 おとなしい男の子(『なぜなぜぼうや』の誕生
学校なんか、大きらい ほか)
2 青春のスイス(大学という楽園
特許局の片すみで ほか)
3 科学の巨人、世界をめぐる(スイスからオーストリア、そしてドイツへ
『特殊』から『一般』へ ほか)
4 しのびよる影(まぼろしの贈り物
ナチスに追われて ほか)
5 老巨人の死(プリンストンの名物教授
わたしは、ちかいます ほか)

おすすめコメント

「時間や空間がのびちぢみする」「光が重力で曲がる」など 常識をくつがえす「相対性理論」を打ち立てたアインシュタインの生涯。

著者紹介

岡田 好惠 (オカダ ヨシエ)  
青山学院大学仏文科卒
佐竹 美保 (サタケ ミホ)  
画家。1957年富山県生まれ。SF、ファンタジーを中心に幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)