• 本

君あり、故に我あり 依存の宣言

講談社学術文庫 1706

出版社名 講談社
出版年月 2005年4月
ISBNコード 978-4-06-159706-8
4-06-159706-X
税込価格 1,243円
頁数・縦 344P 15cm

商品内容

要旨

九歳でジャイナ教の修行僧、ガンジー思想にも共鳴し、八千マイルの平和巡礼を行ったインド生まれの思想家は、自然に対する愛を強調した独自の平和の思想を提唱する。デカルト以降、近代の二元論的世界観は対立を助長した。分離する哲学から関係をみる哲学へ。暴力から非暴力へ。思いやりに満ちた心の大切さを力説し、地球は一つと、相互関係・共生関係に基づく平和への新しい展望を示す。

目次

第1部 意味との出会い(自然から学ぶ
ヒンズーの心 ほか)
第2部 全体性の探求(世界への復帰(ヴィノーバ・バーヴェと歩く)
ソイル、ソウル、ソサイエティ(土、心、社会) ほか)
第3部 インドを巡る旅(イスラム、平和の宗教
コントラストの国 ほか)
第4部 関係をみる哲学(「君あり、故に我あり」、敬虔なエコロジー
依存の宣言)

出版社・メーカーコメント

平和への世界巡礼で名高い英国思想家の名著懐疑・自我の確立・二元論的世界観。デカルト以降の近代思想は対立を助長した。分離する哲学から関係をみる哲学へ。ひたすら平和を願い、新しい世界観を提示する

著者紹介

クマール,サティシュ (クマール,サティシュ)   Kumar,Satish
1936年、インド生まれ。9歳で出家しジャイナ教の修行僧となる。18歳の時、還俗。1973年、英国に定住。現在、雑誌「リサージェンス」編集長
尾関 修 (オゼキ オサム)  
1942年、東京生まれ。東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所を経て、横浜商科大学商学部教授
尾関 沢人 (オゼキ サワト)  
1972年、東京生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。ドルビー・ラボラトリーズ日本支社勤務の傍ら、音楽活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)