• 本

五つの鍵の物語

講談社ノベルス オJ−15

出版社名 講談社
出版年月 2007年12月
ISBNコード 978-4-06-182576-5
4-06-182576-3
税込価格 1,045円
頁数・縦 276P 18cm

商品内容

要旨

とある場所にひっそりと佇む“五つの鍵の博物館”。収蔵されているのは、曰くありげな鍵が描かれた5枚の絵。見るものを選ぶその不思議な絵が語りはじめる―。幻のルイ十六世の鍵を求めて訪れた館で出会う意外な鍵(『十七世の鍵』)。「眠り男が、やってくる。そのときまで保管されたし」。不思議な手紙と同封されていた銀色に光る小さな鍵(『眠りの鍵』)。ほか全五編の鍵をめぐる物語。美麗イラストと珠玉の短編のコラボレーション。

出版社・メーカーコメント

五つの鍵を巡る、奇怪な物語が始まる・・・

著者紹介

太田 忠司 (オオタ タダシ)  
1959年名古屋市生まれ。名古屋工業大学電気工学科卒業。1981年「星新一ショートショートコンテスト」で「帰郷」が優秀作に選ばれる。その後も意欲的にショートショートを書き続け、1990年初の長編ミステリ『僕の殺人』を上梓。代表シリーズには『新宿少年探偵団』ほか。ミステリー、ホラー、ファンタジーなどジャンルを超えた作品を上梓し続けている。講談社ミステリーランドの1冊として刊行された『黄金蝶ひとり』で第21回うつのみやこども賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)