• 本

虚空の糸

講談社ノベルス アAK−04 警視庁捜査一課十一係

出版社名 講談社
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-06-182869-8
4-06-182869-X
税込価格 990円
頁数・縦 269P 18cm

商品内容

要旨

江東区のマンモス団地で殺人事件が発生!刺殺された遺体はナイフを握っていた。稚拙な自殺偽装に新米女刑事・如月ら十一係は憤れを覚え、捜査を開始する。しかし、犯人は自ら特捜本部を脅迫してきたのだ。“一日にひとりずつ東京都民を殺害する。この計画を止める方法はただ一つ。二億円を用意しろ”十一係は特殊班と協力して事件を捜査することに―。警視庁の威信をかけて、都民を縛る殺意の糸を断ち切ることはできるのか。

著者紹介

麻見 和史 (アサミ カズシ)  
1965年千葉県生まれ。立教大学文学部卒業。2006年に『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。大学の解剖学教室を舞台にした医療ミステリーで注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)