• 本

「無言館」ものがたり

出版社名 講談社
出版年月 1998年12月
ISBNコード 978-4-06-209492-4
4-06-209492-4
税込価格 1,540円
頁数・縦 206P 22cm

商品内容

文学賞情報

1999年 第46回 産経児童出版文化賞受賞

要旨

「無言館」には、約五十年前におこったあの太平洋戦争(大東亜戦争ともよばれましたが)で亡くなった画学生さんたちの作品や遺品があつめられれいます。あの時代、たくさんの画学生さんが学校を卒業してすぐ戦争にゆき、早く祖国に帰って絵を描きたい、そしてりっぱな絵描きになりたいという希望にもえながら、とうとうそれをはたすことなく鉄砲にうたれたり病気にかかったりして死んでいきました。「無言館」には、そうした画学生さんたちが、戦争にゆく前に一生懸命に描いた絵や、戦地でそっと描いていたスケッチ、祖国のお父さんやお母さんにあてた絵ハガキ、そのときに使った愛用の絵の具や絵筆やスケッチブックなどがたくさんかざられているのです。信州の丘の上にたつ美術館からのメッセージ。静かに語りかける感動のノンフィクション。

目次

1 「無言館」の誕生
2 なぜ、私は旅をはじめたか
3 待っていた遺族
4 妻のなみだ・妹のなみだ
5 一人旅になる
6 私たちの「戦争」
7 ああ、「無言館」をつくりたい
8 二つの生命

出版社・メーカーコメント

信州の丘の上にたつ美術館からのメッセージ画家への道なかばで、戦場に倒れた多くの若者たち。50余年の時を経て、今、慰霊美術館「無言館」によみがえった作品が、静かに語りかける《戦争の時代》の記憶