• 本

カキじいさんとしげぼう

出版社名 講談社
出版年月 2005年6月
ISBNコード 978-4-06-212989-3
4-06-212989-2
税込価格 1,100円
頁数・縦 66P 18×18cm

商品内容

要旨

カキじいさんは、なんでも知っている。「川の水と海の水がまじりあう、しげぼうの海って、いのちの十字路なんじゃよ」カキじいさんはそういうと、ひくい声で歌いだしました。宮沢賢治イーハトーブ賞の筆者の自伝的童話。

出版社
商品紹介

海辺に住むしげぼうと、山のふもとに住むみちこちゃんは共に小学3年生。カキじいさんが自然を語る。

おすすめコメント

宮沢賢治イーハトーブ賞の筆者の自伝的童話。もし賢治が海の人だったら、川から森へ思いをめぐらせ、きっと、こんな物語を書いた―。

出版社・メーカーコメント

カキじいさんが海と山を取り持ってくれた 海辺に住むしげぼうと、山のふもとに住むみちこちゃんは供に小学3年生。相手の環境を知らない二人に、川と海に詳しいカキじいさんが「自然」を語り始めた

著者紹介

畠山 重篤 (ハタケヤマ シゲアツ)  
1943年中国上海生まれ。牡蛎養殖業。「牡蛎の森を慕う会」代表。1989年より「森は海の恋人」を合言葉に漁民による植林活動を続ける。一方、子どもたちを海に招き、体験学習を行っている。その活動に対し、表彰・受賞多数。2004年には宮沢賢治イーハトーブ賞、河北文化賞受賞。京都大学フィールド科学教育研究センター社会連携教授。著書に、『日本“汽水”紀行』(文芸春秋/日本エッセイストクラブ賞)、『漁師さんの森づくり』(講談社/産経児童出版文化賞JR賞・小学館児童出版文化賞)などがある
徳田 秀雄 (トクダ ヒデオ)  
1948年広島生まれ。デザインスタジオ勤務を経て1971年に独立、広告美術に幅広く活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)