• 本

僕は君たちに武器を配りたい

出版社名 講談社
出版年月 2011年9月
ISBNコード 978-4-06-217066-6
4-06-217066-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 293P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 先の見えない日本の将来を担うはずの若い世代の就職率が低くなっている今、どうやって生き抜くかの指南書です。こんな日本でいいはずないのだけど、そこで生きていかなくてはならいのが現実です。求人率が悪いことを嘆くより、生き残るための武器=思考法を身につけましょう!

    (2014年1月17日)

商品内容

文学賞情報

2012年 第3回 ビジネス書大賞受賞

要旨

これから社会に旅立つ、あるいは旅立ったばかりの若者が、非情で残酷な日本社会を生き抜くための、「ゲリラ戦」のすすめである。20代が生き残るための思考法。

目次

第1章 勉強できてもコモディティ
第2章 「本物の資本主義」が日本にやってきた
第3章 学校では教えてくれない資本主義の現在
第4章 日本人で生き残る4つのタイプと、生き残れない2つのタイプ
第5章 企業の浮沈のカギを握る「マーケター」という働き方
第6章 イノベーター=起業家を目指せ
第7章 本当はクレイジーなリーダーたち
第8章 投資家として生きる本当の意味
第9章 ゲリラ戦のはじまり

出版社
商品紹介

新しい経済の流れを知り、生き残る「武器」を身につければブラック企業も怖くない。不安に立ちすくむ若者にカリスマ投資家が教える「本当の資本主義入門」。

著者紹介

瀧本 哲史 (タキモト テツフミ)  
京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授。エンジェル投資家。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手を経て、マッキンゼー&カンパニーにて、主にエレクトロニクス業界のコンサルティングに従事。内外の半導体、通信、エレクトロニクスメーカーの新規事業立ち上げ、投資プログラムの策定を行う。独立後は、企業再生やエンジェル投資家としての活動をしながら、京都大学で教育、研究、産官学連携活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)