• 本

市川中車 46歳の新参者

出版社名 講談社
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-06-218346-8
4-06-218346-3
税込価格 1,540円
頁数・縦 230P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 市川中車 46歳の新参者 香川照之

    名優香川照之から新参者歌舞伎役者市川中車へ。50歳を前にした決断は、まさに身を捨てる覚悟だったろう。同じ役者とはいえ、この転身は外から想像する以上に大きな壁がそびえ立っていたはずである。“語りおろし”として発刊されたこの一冊には、成功した俳優としての名声を捨てるその決意が、赤裸々に語られている。一段とこの役者の深みに興味がわいてくる。歌舞伎の舞台に立つ、ひとりの役者にこれまで以上に注目をしたくなってきた。

    (2013年6月9日)

商品内容

要旨

なぜ“市川中車”だったのか。なぜ息子を歌舞伎界入りさせたのか。なぜ父と母は和解できたのか。46歳の新参者、俳優・香川照之が九代目市川中車を襲名するまで。今やっと語ることができる歌舞伎役者への道程。「家を継ぐ」ということ、「身を捨てる」という生き方。

目次

第1章 四十六歳の新参者(生まれてきたときの約束
市川團子の初舞台を進める中で ほか)
第2章 「九代目市川中車」の幕開き(不思議と身に馴染んだ、初「大向こう」
新歌舞伎でのデビュー戦 ほか)
第3章 血族(初めての同居生活
「人間とはバランスを取る動物である」 ほか)
第4章 「身を捨てる」という生き方(俳優という因果な職業
傲慢さのトラップ ほか)

出版社
商品紹介

46歳の“新参者”が九代目市川中車を襲名するまで。歌舞伎界入りの理由、稽古、公演。辿り着いたのは「身を捨てる」という生き方。

著者紹介

香川 照之 (カガワ テルユキ)  
1965年生まれ。両親は、歌舞伎俳優の三代目市川猿之助(現・二代目猿翁)と女優の浜木綿子。1989年に俳優デビュー。日本アカデミー賞をはじめ各映画祭で数々の賞を受賞。2012年に九代目市川中車を襲名し、歌舞伎技者となる。同時に、息子が五代目市川團子となる。屋号は澤瀉屋(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)