• 本

異邦の仔

出版社名 講談社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-06-219226-2
4-06-219226-8
税込価格 1,870円
頁数・縦 298P 20cm

商品内容

要旨

放送作家の立花が大井町駅で電車を降りた直後、車両が轟音とともに爆発した。爆弾が仕掛けられていたのは、直前まで立花が座っていた座席だった。数日後、都内で再び爆発事件が起きる。被害者は池上昭次。彼は立花が三十四年前にイラクで出会った人物と同姓同名だった。まさか、自分たちは中東のテロリストに狙われているのか?その恐るべき想像は的中しているのか。物語の舞台は一九八〇年のイラクに飛ぶ。実体験に裏打ちされた、迫真のリアルサスペンス!

出版社
商品紹介

現代、二人の男が爆弾によって狙われた。二人の共通点は湾岸戦争下のイラクにあった。時を超え蘇る恩讐の果てに待つものとは――。

著者紹介

西川 司 (ニシカワ ツカサ)  
1958年、北海道生まれ。脚本家、小説家。ラジオ、テレビの脚本構成、児童小説、刑事小説など、ジャンルを問わずに活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)