• 本

雲をつかむ少女

出版社名 講談社
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-06-219398-6
4-06-219398-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 207P 20cm

商品内容

要旨

みんな雲=クラウドの向こうで、つながっている。『ハルさん』で啓文堂書店文庫大賞を受賞した著者が贈る最新作は、“リアル”と“ネット”をめぐる群像劇。

おすすめコメント

書店員さんたちから絶賛の声! ・世界を変化させるのは、思いやりの心と人肌のぬくもり。人として生きていくうえで大切なことを教えてくれる、かけがえのない一冊。(三省堂書店神保町本店 内田剛さん) ・ネットでつながれ、クラウドで体験を共有する現代社会だからこその、どこかおとぎ話のような不思議な物語たち。(明正堂NTT上野店 金杉由美さん) ・一気に読みました。「つながる」ことは良いことばかりではないけれど、それをひっくるめて誰かが誰かを変えるきっかけになっているって、すごく良いなぁ。(ジュンク堂書店大宮高島屋店 中桐裕美さん) おもしろ動画を見て、あははと笑って、毎日を過ごしたいのだ。でも、この心のもやもやは、どうしたらいいのだろう……。(本文より) スマートフォンのSNSアプリで、罪なき人々がむごたらしく殺されていくシリアの内戦の動画を目にしてしまった中2の少女・結衣。そして、その動画の閲覧を勧め、社会と向かい合おうとする同級生の楓。〈子どもでも大人でも、住んでいる国とかも関係なく、世界中の人々が楽しめるようなゲームを作ることを、いま、ここに誓う!〉という熱い思いを忘れかけていた楓の父・純平……。ソーシャルゲームに夢中な小学生も、ネットアイドルも、インターネット社会を作り上げたシリコンバレーの大富豪の母も、みんなネット上でつながっている。そして、雲=クラウドの「向こう側」には、どんな風景が広がっているのだろう。〈リアル〉と〈ネット〉をめぐる群像劇。

著者紹介

藤野 恵美 (フジノ メグミ)  
1978年、大阪府堺市に生まれる。大阪芸術大学卒業。『ねこまた妖怪伝』で、第2回ジュニア冒険小説大賞を受賞。父と娘の日常を描いた一般向けミステリ『ハルさん』(創元推理文庫)で2013年に啓文堂書店文庫を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)