• 本

グッド・ラック 日本航空123便のコックピットで何が起きたのか

出版社名 講談社
出版年月 2015年7月
ISBNコード 978-4-06-219569-0
4-06-219569-0
税込価格 1,620円
頁数・縦 268P 19cm

商品内容

要旨

1985年8月12日、午後6時24分。日本航空123便のコックピットを「ドドーン、ドーン」という爆発音が震わせた。「スコーク77!」機長が咄嗟に叫んだその言葉は、「緊急事態」を意味していた―。元JALフライト・エンジニアが、コックピット・ボイス・レコーダやフライト・データ・レコーダをはじめ多数の資料から当時の状況を再現。事故調査委員会の提出した結論とは異なる事故原因をリアルに検証する。御巣鷹山飛行機事故から30年―。あの日のコックピットを描く迫真のドキュメント・ノベル!

出版社・メーカーコメント

1985年8月12日午後6時24分。「ドドーン、ドーン」という爆発音が日本航空123便のコックピットを震わせる。「スコ−ク77!」機長が咄嗟に叫んだ言葉は緊急事態を意味していた。御巣鷹山飛行機事故から30年。元JALフライト・エンジニアだからこそ描ける、「あの日のコックピット」とあり得たかもしれない「もうひとつの結末」。迫真のドキュメント・ノベル。

著者紹介

清水 保俊 (シミズ ヤストシ)  
1947年、兵庫県生まれ。神戸商船大学航海学科卒業。1970年から海運会社にて主に南太平洋を航海士として海上勤務。1978年、日本航空に入社。DC8型機、B747型機フライト・エンジニアとして乗務し、運航訓練部技術教官、運航技術部試験飛行室、運航技術部次長を経験し、飛行機の受領、各種テスト・フライトの経験も多い。総飛行時間は1万1000時間。2007年に国土交通大臣より航空功労賞を授与される。同年、定年退職。その後、羽田整備工場にて見学・航空教室を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)