• 本

孤独って素敵なこと

出版社名 講談社
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-06-220135-3
4-06-220135-6
税込価格 1,320円
頁数・縦 205P 19cm

商品内容

要旨

女優生活50年で悟った「本当の幸せをつかむ方法」

目次

第1章 箱根の古民家でひとり(自分と向き合う時間が味わえる場所
バスの車掌になった日、運転手さんの言葉 ほか)
第2章 旅の空に映るもうひとりの自分(一七歳、イタリアで聞いた名優の言葉
「無責任男」がくれた勇気 ほか)
第3章 ひとりが嬉しくなる道具(古民家に抱かれ箱根の自然に慰められて
道具と長く新しい関係をつくっていくと ほか)
第4章 自然のなかで見えてきた家族の実像(生きることと仕事を結びつけたくて来た農村
農村女性とヨーロッパで学んだこと ほか)
第5章 孤独だからこそ出会えた人々(七〇歳になる私の背中を押してくれたパリの老女
「人のことを思うと、自分も幸せになる」 ほか)

著者紹介

浜 美枝 (ハマ ミエ)  
1943年、東京都に生まれる。1960年、バスの車掌をしていたときに受けた東宝のコンテストを経て女優デビュー。1967年、映画『007は2度死ぬ』に、日本人として初めてボンドガール役として出演。その後、テレビの「小川宏ショー」「いい朝8時」「日曜美術館」などの司会としても活躍。現在、文化放送ラジオ「浜美枝のいつかあなたと」のパーソナリティを務める。また、国土庁・農林水産省「食アメニティを考える会」会長をはじめ、農政ジャーナリストとして各種委員会のメンバーを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)